ホーム > 現金化 > クレジットカードショッピング枠の有効利用

クレジットカードショッピング枠の有効利用

JCB(株式会社ジェーシービー)が行なう「クレジットカードに関する総合調査」

2015年度の調査結果ではクレジットカード保有率は84%となり前年度より少し少なくなったようです

ちなみに平均保有枚数は3.2枚とのことでこちらも前年度に比べて少なくなっています。

とは言え裏を返せば84%の方は3枚程クレジットカードを所持していることは凄いことだと思いますね!

銀行口座から決済と同時に直接引き落としがされるデビットカードと言うカードもありますがこちらは現金を持ち歩くことが危険な海外と違い、日本ではまだまだ浸透していないようです。

クレジットカードも元々はデビットカードと同じような意味合いで所持しているため、決済すぐではないが翌月一括支払いが通常です。

 

しかし日本では現金の代りと言う意味合いが海外よりは少なく、

庶民からすると高額な買い物を分割で支払う手段として捉えている方が多いと思います!

 

その意味合いでも分割やリボ払いの出来ないデビットカードが世に浸透するまでにはまだまだ時間がかかるように思えます。

現金を持ち歩く安全面だけの理由だけでなく、まだまだ日本では現金が必要な事柄が多くあり

個人レベルでも現金でしか支払いが出来ないことも多数存在します。

 

例としてご祝儀などが挙げられますがカード決済が効かないものとして結婚式場や葬儀屋、病院などもまだまだ現金支払いのみの業者が多くあり、

貯蓄があれば問題ない話ですが無ければ借り入れを余儀なくされてしまいます。

借り入れできる金額にも総量規制と言う枠がある為、必要な現金をそろえることが出来ないことも現在ではあり

いざと言う時に現金を用意できる手段も備えておくことは大事だと思います。

成人の84%が平均3枚は所持しているクレジットカードを使い現金を手にするクレジットカード現金化と言う方法もあります。

この方法は総量規制の規制外対象外であるショッピング枠を使用するため急な出費の際にカードさえ所持していれば現金を手にすることが可能です。

もちろん業者を通じて現金化を行うため信じられる優良業者をピックアップしておく必要性もあります

「備えあれば憂いなし」と言うことわざもあるように急な出費に備える意味で以下サイト等を参考にしてみてはいかがでしょうか!

ビックギフト 口コミ